前へ
次へ

不動産の競売物件について

不動産の競売物件があります。ここにはいくつかの特徴がありますが、やはりメリットがいくつかあります。競

more

不動産競売物件の良し悪し

不動産購入の一つの方法として、競売物件購入があります。競売にかけられる物件の中にはごく一般の住宅が多

more

不動産を活用した相続税の節税

都心の不動産需要を支える要因として、来年から施行される相続税の増税が挙げられます。地方都市の資産家の

more

競売不動産のメリットについて

競売不動産がありますが、ここにはいくつかのメリットがあります。その中で最も大きなメリットとなっているのが価格が安いと言うことです。この物件に関しては一般的な不動産と比べるとその相場が60パーセントから70パーセントで購入することができます。またこのほかには一般市場ではなかなか見ることができない立地条件や環境条件がそろっている物件を安い価格で購入することができます。たとえば最寄り駅が近いと言うことや緑が多いなどの環境に優れているなどの条件です。また物件に関しても種類が豊富です。土地や一戸建て住宅だけではなく、マンションや投資用不動産などの優良物件を探すことができます。このようにたくさんのメリットがあります。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

不動産の形状と相続税の関係について

亡くなった家族から相続した財産がある場合には、相続税の支払い義務が生じてくる可能性があります。この相続税は、財産評価額に一定の税率をかけて算出されることになっています。つまり、遺産が現金だけの場合は、現金の合計額=財産評価額ということになるわけです。しかし、遺産が不動産だった場合には、少々事情が変わってきます。具体的に言うと、建物は固定資産税評価額で、土地は路線価で評価されることになっています。ごく大雑把に言ってしまうと、固定資産税評価額や路線価は実勢価格の7割程度になっていますので、遺産が現金であるよりも不動産である方が相続税の金額が安くなるということになります。また、その不動産を賃借している場合であれば、さらに税負担が軽減される仕組みになっています。

Page Top